レディ

監視カメラの設置をするコツ|最新機能が搭載で安心

住みやすい環境が大切です

婦人

使用用途が広がっています

以前24時間営業のコンビニエンスストアで防犯カメラを回す際、数時間ごとにビデオテープを交換していた時代から、デジタルの時代に入り長時間録画が可能となった現在、さまざまな分野で防犯カメラは使用されています。パソコンやスマートフォンがあれば離れた場所でも遠隔操作する事もでき、よりきめ細やかな監視システムが構築されています。以前のように動画だけでなく音声や温度の監視もできるため、子供の留守番や体温調整が難しい一人暮らしの高齢者に対してもケアができます。商業施設の場合、多角経営を行っている企業では、一か所にさまざまな店舗の映像を一括管理もでき、経営改善にも繋がります。防犯カメラは、今後もさまざまな要素で活用範囲が広がっていきます。

環境で使い分けましょう

防犯カメラは犯罪の抑止をすると同時に、いざ発生した事故や犯罪に対し細かな分析ができるよう工夫されています。デジタル画像では、画像処理により確認しにくい映像も画像処理により解析が可能です。精度が良くなっても設置場所が適切でないと意味がありません。設置場所は玄関や裏口、エレベータの内部、階段など配置する向きをそれぞれに考えなくてはなりません。死角があると犯罪者は防犯カメラの死角や抜け道を考慮して動きます。夜間の場合では赤外線を使用した暗がりでも撮影可能なものや、動く物体が横切ると同時に撮影を開始する機種もあります。防犯対策としてセンサーにより動く物体に対して照明が付くものも開発されています。屋外や屋内、日中や夜間など環境によって使い分けましょう。