レディ

監視カメラの設置をするコツ|最新機能が搭載で安心

住まいや街を守るために

錠前

住まいや店舗などを守る際に、非常に役立っているアイテムは「防犯カメラ」です。万が一の事件や事故の際に、防犯カメラが動かぬ証拠となるケースがたくさんあり、その後の裁判などにも大いに役立っています。特に高級品を取り扱う宝飾店や人員配置の少ない時間帯がある深夜営業店などは防犯カメラはもはや必須です。また、大規模マンションなどの集合住宅も住民以外の侵入を防ぐゲートの他に、防犯カメラの設置を行っています。こうした防犯に関するアイテムは自治体が設置を後押ししており、東京都内でも葛飾区や中央区など条件をクリアすれば補助金が出るところもあります。こうした補助金は、個人名義で申請をするのではなくマンションなどの住まいの場合は町内会や管理団体から申請が可能です。

防犯カメラの設置を検討している場合、どこに置くか・どんな機種を置くかは素人にはなかなか判断がしにくいものです。防犯カメラを取り扱っている販売店では「防犯設備士」が常駐している業者も多くなっています。防犯設備士とは、カメラはもちろんのこと防犯上の注意点などのアドバイスを細やかに行えるプロです。もしも設置を決めたら、こうしたプロにアドバイスを受けながら購入と設置を行うようにしましょう。せっかく購入しても、役立たないのでは意味がありません。犯罪の傾向を分析できるプロの目線で、的確な場所に設置を進めましょう。また、ダミーなどの設置で防犯意識を高める方法もあります。ダミーがあることで犯罪の抑止力となるからです。